Reiko et Okiel

reikoetokielh

イラストに生花やハンドメイドガラス等の素材を組み合わせたミクストメディア作品やイラストを制作。生命あふれる愛らしい作品世界は、Okielgreenの住人たちから生まれる物語によってつくられていきます。それはたとえばこんな背景からはじまって・・・

ある日のこと、大そうじ大そうじとお部屋の隅から隅までさっぱりきれいにしたくなりました。掃除機でぜーんぶすってやろう!と意気込んだら、あらま!小さな掃除機いきおいあまって、部屋ごと一緒にぜーんぶの見込んじゃった。 そしたらOkielここぞとばかりに、練習したてのトランペット吹いてどひゃどひゃぱっかーん!掃除機こわれてあとかたもなくわたしのせかいはぶっとんだ。するとこんどは、どこからともなくLovable Piecesがお鼻めがけて列をなして飛んできて、わたしのお鼻はむずかゆくてたまらなーい。

つぎの瞬間、「はっくしょぉーん!!」

目をあけたら、目の前にはわさわさ小さな埴輪さんたちティーパーティ。 テーブルにはおいしそうなケーキがたっくさん。お腹がすいていたし、ケーキだもの、ティーパーティーに参加してお紅茶をひとくち、うーんっ、なんていい気分! でもね、でもね、気になったのがあの空洞のからだ。どうやって埴輪さんたちケーキやティーを消化するんだろうってこと!彼らに質問したんだけれど、答えてくれなかったのね〜食べることに夢中だったのかもしれないし、まあいいけれど、いろいろめぐらすの。埴輪さんのこと、きっとあの空洞のなかは、どこかのせかいとつながっていて、ケーキは故郷のケーキ惑星に帰還していって、スプーンやフォークもみんな自分のおうちに帰っていって、それからそれから・・・・・。だけどねぇ、ここはいったいどこなのかしら?

Mixed media illustrator / Kids art creator ミクストメディア イラストレーター/ キッズアート クリエーター