Profile

 okielgreenf

Okiel green

Reiko received a degree in law. She then started working at a nonprofit organization for nursing care and welfare services. She was also working as a freelancer giving psychological counseling and therapy. In the following years, she went back to university and pursued a degree in philosophy. In the process of accomplishing this degree, She engaged in a variety of side disciplines through courses like religion, art , archaeology, and biology where she started experiencing thoughts that made her wonder about the inner meaning of life and of the respect and appreciation of nature. Through these experiences, her passion was born. Her thoughts did not remain to be just mere experiences but became a world worth creating, thus became Okiel green (Okiel de May). These passions mainfested through her glass artwork,flower arranging and interior knowledge. After came her Mixed Media illustration works with glass, fresh flowers and other media in 2010. Lives and works in Tokyo 2014 First solo exhibition at Gallery Dojunkai

大学卒業後、医療福祉系NPO法人、心理セラピストとして活動したのちインテリアスクールに通う。その後、ウェディングプロデュース会社、ウェディング雑誌編集アシスタント&ライター、フラワーショップでのアレンジメント制作の仕事をしつつ、以前より強い関心を寄せていた哲学を学ぶため再び学生生活を過ごす。この期間、哲学、宗教、芸術、考古学、生物など分野をこえた世界にふれてゆくなかで、森羅万象への敬意、生命の内的な世界、その神秘さに思いを強くし自らもこうした感覚世界の表現に関わる活動をしてゆきたいと思うようになる。その方向性は、以前から学んでいたガラス工芸、フラワーアレンジメントと結びついてゆく。花の小さなパーツから感じられる生き生きした生命の感覚、そこに感じるすべてを記録していきたい、そうした気持ちからペインティングと生花、ガラス、卵カラ、毛糸等を組み合わせたイラストレーション作品を2010年より制作しはじめる。2013年「しぜんのみんなとやさしいせかい」をキーワードにミクストメディア イラストレーターOkiel green(以前Okiel de May)として活動をスタート。イラストレーション作品の制作、ラベルデザイン、またキッズアートナビゲーターとして活動し、新しい人々との出会いを通してOkiel greenの世界を広げている。

2

2

2

Mixed media illustrator / Kids art creator ミクストメディア イラストレーター/ キッズアート クリエーター